CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< NEXTで生中継 | TOP | 九州本格焼酎・琉球泡盛と食の祭典 >>
デジタルカラー診断

受けました。

Best Color Room ALICE SHOP → こちら


先日ちょっと記事にもしてたのですが(こちら)4〜5年くらい前から受けたかったのです。
でもそれを受けるには東京まで行かなければ行けないし・・・と受けれなかったのです。
でも今回はネットで写真を送るだけで診断してもらえるということで受けてみました。

洋裁するときの布選びや型紙選びにも便利ですし。
あと洋服のベストスタイルとかも診断してくれるし。

なのでカテゴリは「洋裁」です。

 

************


カラー診断というものがあるって知ったのは洋裁をしていて情報収集をはじめてからでした。
いくつもあるカラー診断の中でもBest Color Room ALICE こちら)と言うところがとても評判がよく、次々と友人達がカラー診断を受けてました。
ALICEでカラー診断をしてもらうには東京まで行かねばならず、予約を取るのも大変でして。
なかなかスパッと行けない地方の身の上としてははがゆく思っていたものでした。

診断を受けた友人たちは次々と自分のスタイルを身につけていき、どんどんキレイになっていく。
いいな〜いいな〜と思いながら友人達の診断を見てはため息(笑)
でもね、その中でだんだんと自分のタイプというものがわかってきたのです。
なので最近自己診断でこれでいいかなぁ〜と感じていたのですが・・・

友人がある日「Best Color Room ALICE 」でデジタルカラー診断というものがあるらしいとの情報をゲット。
これなら写真を送って診断が出来るらしいとのこと。
でもなぁ〜写真ってやっぱ診断の信頼性が得られるのかなぁ〜って思ってたんです。
そしたらその見つけてきた友人が診断をしてみたところ・・・結構いい感じでビンゴ!って感じでして。
お・・・写真でも行けそうだな〜と思いまして。
で、やっぱり自己判断だと思い込みってのがあったりするので、やっぱりざっくりでも一度プロに見てもらおうと思った次第です。

ALICEは8タイプで診断されます。(8タイプには独特な名前が付けられています)
カラータイプ自己判断テストはこちらで受けられます→こちら


私の場合は自己判断は「ソフトエレガント」でしたが、プロが下しだ判断は

ベストタイプ  ピュアロマンティック
セカンドタイプ ソフトエレガント

でした。
ソフトエレガントとピュアロマンティックは同じブルーベースの系統で、色味的には同じようですが、
色の透明度とか濁り具合が違います。
ピュアロマンティックはとにかく澄んでいるもので濁った色はNG
ソフトエレガントは濁った色がお得意
なのでこの違いが色使いが微妙でありながら重要なのです。
私の場合はセカンドタイプがソフトエレガントなので、ファッション的にはソフエレOKなのかも知れませんが、色はピュアロマを選んだらいいのかも知れません。

ベストカラーと苦手カラーの色の違いはカラーチップというものが同封されてきます(苦手カラーは別料金)

ベストカラー

苦手カラー

nigate

ベストカラーの色のほうが薄くとても透明度があります。
苦手カラーは濃く濁っています。

このようにカラーがわかることでベストカラーを身につけたときは顔色がキレイに映り、苦手カラーを身につけたときは顔色がくすんで影が出たりします。


確かに、苦手カラーをトップスやアウターに持ってきたときに違いがわかります。
以前から濃い色は顔が暗く見えると感じていたので納得の診断結果です。

この「ピュアロマンティック」のタイプの得意色がピンクとブルー。苦手な色がオレンジと黄色と黄緑なのです。
でも苦手といわれるオレンジ、私好きで時々身につけます。それも怒オレンジ(笑)
結婚式の披露宴の時の衣装がオレンジだったのですが、招待客の皆様にとても好評だったんです。
でもあの時は厚塗りして誰だかわからないくらい変身していたので(笑)
その中でドレスの形はドンピシャ!だったのかもしれません。
あと服ではなくてメークでも同じことか言えて、20年くらい前にオレンジの口紅が流行ったことがあるのです。
そのオレンジの口紅が全く似合わなくって凹んだ覚えがあるのでやっぱりオレンジは苦手なのだと思います。
同じく20年くらい前に、化粧品販売のおねえさんに「アナタは絶対ピンク!」って言われたことがありました。今思えばビンゴ!だったのだと思います。

化粧の話で言えば納得したくだりがありました。
それは先日の記事にも書いたファンデーションの悩み。

下地クリームの上に直接パウダーで仕上げます。
ファンデーション塗るとなんだか「塗ってます!」って顔になることが判明。これが子供メイクの一番の要因かと。
なのでファンデーションはなしです。
最近は「BBクリーム」もいいかな?って

って書いたのですが、同じようなことが書いてありました。

明るさと透明感がとても大切なポイントになります。厚塗りは避けて、素肌に近い初々しい肌感を出しましょう。
このタイプの方は色が白く、ファンデーションの色が見つかりにくいことがあります。
ぴったりとしたお色味が見つかりにくい場合は日焼け止めや透明に近いベースカラーにふわっとしたお粉をプラスしてあげるのもいいでしょう。
BBクリームやミネラルファンデーションいいでしょう


とのこと。かなりぴったりの判断で驚きです。

あとファッションについてもぴったりな記述がありました。
私はパンツ類が苦手です。自分で似合わないと思ってますから。
ジーンズは特に苦手です。以前友人に「ジーンズが似合わない人なんていない」と言われて一緒に買いに行ったのですが似合わない判定受けたことがあります(爆)
最近ちょっと履くようになって、きれい目なパンツなら行けるかな?って最近感じてたんですが・・・

パンツならデニムよりはきちんとしたパンツといった感じのもがいいでしょう。
もしデニムを履かれる時には女性らしらを感じさせることを忘れないようにきこなしましょう。


これもビンゴです。
後もう一つ似合うファッションのところで

ワンピースやプリーツタイプのスカートやフレアースカートなど、フェミニンスタイルはお得意です。

私はスカートが好きなんですが、この中で特に好んで履いているのがプリーツタイプのスカートとフレアースカートなのです。
私が以前作っていた服を見てくださったことのある人ならわかると思いますが家中「プリーツスカート」だらけです(笑)
あとワンピースもたくさんあります。恥ずかしいので(?)あんまり着ないだけですが・・・はは・・・。

苦手な雰囲気なところではカジュアルファッションが苦手ってのも言い当ててるし、
なかなかやるな!お主・・・って感じでした。


こんな感じでデジタルカラー診断の結果が出ました。ファイルに6枚びっちり書かれています。
なかなか面白かったと同時に長年のプロ判断のカラー診断を受けれて良かったと思います。
色は歳とともに特にファンションに重要になってくると思いますし、いろいろ勉強になりました。
本当は実際にドレープを当ててもらってカラー診断を受けたほうが確実な診断結果を得られると思いますが。

私の場合、デジカメがあまり性能が良くなかったですが、送った写真に不具合があればアドヴァイスしてくれますし、
診断も写真を送ったその日にしていただけました。その日に発送もしていただいて2日後(速達で)には診断結果がうちに着きました。
興味があっても「遠いから」「足を運べない」とう理由で諦めている方にはオススメです。
でも実際写真なので誤差は否めないとは思います。軽い気持ちで受けてみては?金額はちょっとかかりますがね。
迷っている方の参考になればと思ってちょっと詳しく書いてみたりして。


そんなこんなでこれからの洋裁にも力が入る・・・かも?ってかこれから先洋服つくるのか不明だけど。
でもその前に2kgやせたい・・・写真を撮って愕然としたわ。以前の服がパツパツで(泣)え?じゃあ新しく作れって??(笑)

posted by ukkey | 12:58 | 洋裁・ハンドメイド | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:58 | - | - | - |
コメント
コメントする