CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


スター・ウォーズ/最後のジェダイ

http://starwars.disney.co.jp/

 

昨年末、4DXで見てきました。

 

スターウォーズももう・・・何作目なんでしょうか?

私の中でなかなか消化しきれてないんでよくわかりません。

広島に帰った時に「4DX」で見ることができるということで、興味本位で見てきました。

 

4DX

4D(体感型)映画を演出するための上映システム。

韓国のCJ 4D PLEX社が開発し、2009年に提供を開始した。座席が劇中のシーンに連動して前後左右、上下に稼動。

各座席や場内に設置された装置により、風、霧、香り、煙、フラッシュ照明など様々な演出効果も体感できる。

4DX専用ではない他の映画作品でも演出が可能で、3D映画の3次元映像にも対応している

 

 

もうね、こんな付加価値がないとなかなか楽しめないんですよ。

シリーズ物は堂々巡りな感じとか強くて、私の中で惰性で見てる感が否めない・・・

なので今回は映画の感想というよりは4DXの感想になります。

4DX・・・うん、まあ一度は体験してみてもいいんじゃない?

連動した動きが臨場感があるかどうかは、まあそこまでではないけど楽しめると思うし。

ただミスト(水)は思ったより多く出たのですぐに消したけど(これはON/OFF選べる)

風は結構うるさかった。耳の後ろでプシュプシュ言ってたから。

金額的にはちょっと高いっちゃ高いかなあ?画期的と言われれば画期的かもしれないけど。

 

映画自体3Dだったので字幕ではなく吹き替えを選びました。

吹き替え選んで正解。字幕だったら動いたりいろいろな事があるので情報量多すぎて映画が入ってこないとこだったわ。

そして上映時間がちょっと長かった。トイレ2回も行っちゃったよ。(揺れるんでさらに倍)

内容は・・・まあ、いつも通りというか、安定というか、良くも悪くもスターウォーズだった。

ダンナは「今回は○○が××がこれこれだったので、いつもと違う感じで良かった」と言ってましたが、私から見ればいつも通りの展開だったと思うんだけどさ。

あと1話あるのかな?どう展開していくか。乞うご期待!(次回までに内容覚えているかは不明)

 

posted by ukkey | 23:43 | 映画・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
4月は君の嘘

 

http://kimiuso-movie.jp/

 

感想、そうねぇ。。。

展開的にはまあ、よくあるパターンなんですけど、やっぱり広瀬すずさんがね。

この人が出てると、一気に学園ドラマっぽいし、とっても華やかだし、この人がよく起用されるのってわかる。

『華がある』というか、スクリーン栄えするんですよね(と言っても見てるのはTVだけど)

TVサイズというより、映画サイズの人だなぁ・・・と思いますね。

そして映像の中の所作が結構上手だと思う。見せ方が上手いというか。

とにかく、今の時代の学園ドラマを引っ張ってる一人には間違いありませんね。

 

劇中の

演奏シーンはとても好きです。

まあ、バイオリンの「のだめ」って感じなのかもしれませんが、話的にはぜんぜん「のだめ」ではありませんでしたが。

クラシックの要素が入るだけで、私の中で見たい映画になります。

 

テンポも悪くないし、見やすい映画でした。

 

posted by ukkey | 20:27 | 映画・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
君の膵臓をたべたい

 

http://kimisui.jp/#/boards/kimisui

 

ライブのまで時間があったので。

 

これは絶対に見たかったので、公開のタイミングが良かった。

このタイトル、本屋で並んだ時から気になってた。映画にならないかな〜と。

映画化されると聞いたときがら楽しみだった。

 

膵臓の病気が絡んでるってのはタイトルからわかるけど、内容的にどんなのかとても気になって。

最後の最後まで話が分からないし、なんかいきなり衝撃だし、そして伏線が全部キレイに繋がるし。

とてもいい映画でした。なんかそこに感動した。

主人公の女の子があんまりに高カロリー的なものを食べるので、本当に膵臓の病気?って疑っちゃったけど(あ、ネタバレ?)

男の子が、大きくなったら小栗旬?って疑っちゃったけど(個人的にはユージオダ・・・)

そんなことを吹き飛ばすくらいに良かった。

ネタバレなしで見ることをオススメします。なのでこれ以上書かない。

私の中の今年の良作「僕は明日昨日の君とデートする」と匹敵するくらいに良い映画でした。

 

「泣ける」と最初からCMで謳っちゃうとなんだか逆に泣けなかった。

周りの女子たちは号泣だったけど・・・そっちのがまあ、普通の反応だろうけど。

タイトルを裏切らない、衝撃さも良かったです(まさかの展開アリ!←これ以上は言えない・・・)

 

 

posted by ukkey | 15:37 | 映画・DVD | comments(2) | trackbacks(0) |
orange-オレンジ-

 

高校2年生の春、突然10年後の自分から手紙が届くところから話が始まります。

これ、10年後の自分から手紙が届く設定を素直に受け止めることが出来たら、話は面白いです。

土屋太凰さんのちょっと「イラッ」とくる演技もいい味だしてますし。なんか初々しい。

未来(手紙に書かれていること)がわかっていながら、軌道修正が上手くいかなかったり。

ハラハラする感じがよくできました。

いわゆるSFのタイム系というか?なんちゅうのか?(パラレルワールド的な)話が好きなので。

 

原作を読んだダンナ曰く「10年前に手紙が届く設定が甘い」らしい。

そうだよなー。あんなんで10年前に手紙が届くわけない。それはちょっと惜しいなぁ〜と思いました。

原作はそこら辺が違うらしいので、原作も機会があれば読んでみたいなー(モバイルに入ってるからいつでも読めるんだけど・・・

 

posted by ukkey | 18:45 | 映画・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
「植物図鑑」「オオカミ少女と黒王子」

「植物図鑑 運命の恋、ひろいましした」

 

 

http://shokubutsu.jp/index.html

 

ちょっと前(3か月くらい前かな?)録画してみました。

開始10分の展開で「えええーーーそういうことないし、危ないよー」という全否定できるような事柄からはじまり。

映画というものはそういうものだと言い聞かせ、その後はまあ、楽しく見れました。

展開的にも読めるんですが、まあ、こういう内容嫌いじゃないので、楽しく見れましたよ。

原作は有川浩さんなので、内容的には丁寧に物語を綴っているなぁ〜という印象でした。

 

いっつも思うけど、高畑さんの走り方、特徴がありますよね。

 

 

「オオカミ少女と黒王子」

 

 

http://wwws.warnerbros.co.jp/ookamishojo/

 

開始10分でくじけそうになりました・・・。でも頑張った。
以前見た「黒崎くんの言いなりになんてならない」に主人公の彼氏が被る・・・

女子高生に人気の漫画が原作なので、まあ、そこら辺は仕方ありませんね。

そして予想通りの展開に。。。

ここら辺の映画って、展開を重視するのではなくて、主人公とかを自分に当てはめてキュンキュンするタイプなのかな?

まあ、それも良しかもね。イケメンいっぱい出てくるし(私のイケメンとはちょっと違うけど)

彼役の山崎賢人くんの髪が茶髪だったのに、なぜ「黒王子」と呼ばれてたのが謎。

なんかどっかを見逃したのか?別に困らない謎だけど。

 

 

 

それにしても最近の映画の中の高校生が全く高校生じゃないよね。年齢高いよね。

何人かで青春映画をまわしているみたいだし。仕方がないと言えば仕方がないのかもしれないけど。うむ・・・。

posted by ukkey | 17:16 | 映画・DVD | comments(2) | trackbacks(0) |